レーザー脱毛に適する部位

rezatop.bmp
:全体に照射しても大丈夫です。
男性のヒゲも時間はかかりますが脱毛可能です。
ただし眉毛の細かいラインの仕上げは絶縁針を併用したほうがキレイに仕上がるでしょう。

背中:全体に照射しても大丈夫です。

:適していますが毛が薄い場合は難しいこともあります。
日焼けしている場合はできないこともあるので注意が必要です。

ワキ:非常に適しています。脱毛後は毛穴が引き締まってとてもキレイになります。

:適していますが毛が薄い場合は難しいこともあります。

ビキニライン:毛が太く濃い部位なので脱毛時に痛みがあります。
脱毛後はよく冷やし腫れをやわらげるよう、アフターケアが大切な部位です。
スポンサードリンク

レーザー脱毛に不向きな部位

脱毛用のレーザーは黒いものに反応するので、色素沈着が濃い部分や性器、 肛門付近には不向きです。
また、濃いシミやアザ、盛り上がっているホクロにはレーザーを照射できない場合が あります。
事前にスキンチェックを受けてレーザー脱毛ができるかどうかの判断を医師に確認しましょう。

また、レーザーの特長として黒くて太い毛ほど効果が高いので、顔や手の甲などの
うぶ毛はメラニン色素の含有量が少なく、毛根を破壊するだけの熱をためこみにくいため、
あまり効果が期待できない部位といえます。
ただ、最近はうぶ毛の処理も可能な器械も使われるようになってきたので
クリニックやサロンに問い合わせてみるとよいでしょう。


スポンサードリンク
レーザー脱毛,光脱毛,ムダ毛処理,美容外科,医療脱毛,エステ脱毛,家庭用脱毛器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。