レーザー照射前の注意

レーザーはメラニンに反応しますので、日焼けしている部分や、炎症のあった所には、照射できません。

また日焼けした肌にはレーザー治療ができないと言うことで、日焼け止めを塗るように指導を受けるかもしれません。
しかし、レーザー照射の時に日焼け止めを塗ったまま治療を受けると、
日焼け止めにレーザーが反応してやけどを引き起こす可能性があります。
日焼け止めに限らず、ファンデーションなどにもその可能性がありますので必ず十分落としてから受けましょう。

医療機関やエステによって若干異なりますが基本的に剃毛して(毛を剃って)くるよう指示されるところが多いようです。
ただし毛穴から毛が完全になくなってしまうワックス脱毛や毛抜きは絶対に避けてください。
スポンサードリンク

レーザー照射後の注意

レーザー照射後1週間は直射日光は絶対に避けましょう。
照射後1ヶ月くらいはできれば避けたほうがいいです。

脱毛当日の入浴は避けましょう。
脱毛当日は、シャワーで洗い流す程度にしてください。
翌日からはいつも通りの入浴が可能です。

スポンサードリンク
レーザー脱毛,光脱毛,ムダ毛処理,美容外科,医療脱毛,エステ脱毛,家庭用脱毛器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。