ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、主にエステや自己処理などで行われている脱毛方法で、
脱毛専用のワックス(ミツロウやパラフィンなどの融点の低い固形油)を利用し、
毛根から一気に抜き取る一時的な脱毛法です。
結婚式や旅行などで一時的に脱毛が必要な方が手軽に行えるのがメリットです。

効果は、処理をしてから2〜3週間はつるつるな素肌でいられるとのこと。
しかし、永久脱毛ではないため、再びムダ毛は発毛してきます。

◆注意する点
処理時に複数本の毛を一気に抜き取るので痛みをともないます。
また、ムダ毛の処理時に古い角質まで一緒に取れると謳っているものもありますが、
お肌へのダメージがかなりあるため、処理前後のお肌のケアを十分にする必要があります。
脱毛の処理後、皮膚の再生が早いと埋没毛になることがあります。

毛の流れに沿ってはがすようにすることで、肌へのダメージ、
脱毛時の痛みが軽減されます。

   ★   ★   ★ 

オススメワックス脱毛「ビーエフ1」↓
実際にエステサロンでも使われているから安心できる商品です。
・他の商品とは違い、水溶性だから温める必要がありません。
・植物性の糖が主成分だからお肌にも優しい!
・水溶性で、水に溶けるのでお手入れが簡単です。
脱毛ワックス【サロン専用】、水溶性だからウォーマーも要らず、お手軽にワックス脱毛、トリートメント効果でお肌もツルツル、ビーエフ1【ヒアルロン酸なら、スタイル・ラボ】
スポンサードリンク

脱毛クリームで溶かす

痛みはほとんどなくカミソリで剃ったように毛の断面も太くなりません。
ですが毛根が抜けるわけではありませんので、すぐに毛が伸びてきます。
カミソリのように剃るのではないので毛の状態、断面が太くならず伸びてきたときにチクチクすることは少ないでしょう。

◆注意する点
脱毛クリームは毛を溶かすだけでなく、タンパク質でできている肌も一緒に溶かしてしまいます。
肌の弱い方は炎症やアレルギーの原因になるので、必ずパッチテストなどをしてから使用しましょう。
スポンサードリンク

自己処理による脱毛〜毛抜きで抜く

時間と根気を必要とする方法ですが、上手に毛根付近まで抜くことができれば、
1ヶ月ぐらいは毛が生えてくることがありません。
1本1本丁寧に抜くことがポイントです。
痛みを感じることが多いですが、痛みを軽減する方法としては「毛の流れに沿って抜く」、「指で皮膚を広げて毛を抜きやすくする」、この2つの抜き方をするだけでも痛みがだいぶやわらぎます。

◆注意する点
抜き方によっては毛穴がブツブツになってしまったり、毛穴が開いてしまうこともあるので、注意が必要です。
毛抜きや手の衛生面においても毛穴に汚れなどのばい菌が入らないように
注意する必要があります。
スポンサードリンク

自己処理による脱毛〜カミソリ

簡単に自己処理できるため、カミソリによる処理をしている人は多いでしょう。
カミソリによって処理された毛は切断面が太くなり、カミソリは肌の表面に出ている毛を
一時的になくすだけですのでこまめに処理しなければならないのが難点。
続けているうちに毛が太く、濃くなっていくようです。
カミソリで表面の皮膚も削ってしまうので、肌にも良くありません。

◆注意する点
カミソリ選びが重要です。各部位に合ったものを用意しましょう。
さらに剃る方向には注意。必ず、毛の流れに沿って剃るように心がけてください。
毛の流れに逆らったそり方をすると毛穴を傷つけてしまい、ひどい場合には、
傷ついた毛穴にばい菌が入って化膿したりすることがあるので注意が必要。
カミソリの衛生面にも気をつけてください。
スポンサードリンク

光脱毛

光脱毛とは強力な白色ランプから出るさまざまな波長が混ざった光をフィルターにかけ、 ムダ毛の処理ができる波長の光を取りだし、その光を毛根部に照射して、 毛根と毛包を焼灼することで発毛をさせなくする方法。
さまざまなエステや脱毛機器メーカーで独自の「光脱毛」を名乗っているようですが、 一般的に光脱毛と言われているのは「 IPL ( インテンスパルスライト ) 脱毛 」「フラッシュプラズマ脱毛」などです。

レーザー脱毛で使用する光線が同一波長、同一位相の直進性が強い光線であるのに比べて、 光脱毛は複数の波長を持つ混合光であり拡散光なので、 レーザーよりも毛根に確実に届き安全性が高いと言えますが 医療機関以外で受ける場合は医療行為にあたらない程度に出力を抑えているため 効果が出にくいという一面もあります。


スポンサードリンク
レーザー脱毛,光脱毛,ムダ毛処理,美容外科,医療脱毛,エステ脱毛,家庭用脱毛器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。